たこ・うおのめ

たこ・うおのめとは

たこ・うおのめは、皮膚の表面の角質層が厚くなった状態です。医学用語では、たこは胼胝(べんち)、うおのめは鶏眼(けいがん)と呼ばれ、芯の有無で区別されます。

症状

足のうらの体重がかかる部分の皮膚が硬くなります。中央に芯がないものが「たこ」、芯があるものが「うおのめ」で、うおのめでは歩くときに痛みを伴うのが特徴です。たこは足以外にも生じることがあり、おしりには「座りだこ」、指には「ペンだこ」が見られることがあります。

お子様の足にたこ・うおのめができることは少なく、お子様の足に硬いものができたときはウイルス性のイボであることがほとんどです。

原因

同じ部位に繰り返し摩擦や圧迫刺激が加わることが原因です。膝や腰が悪い方は、特定の部分に体重をかけて歩いてしまう場合が多く、たこ・うおのめができやすくなります。また、足に合わない靴(とくにハイヒール)も原因となります。

検査

診察だけで診断がつくので、基本的に検査は必要ありません。ウイルス性のイボとまぎらわしいときには、表面を少し削ることではっきりする場合があります。

治療

歩くときに痛みを生じるようであれば、治療した方が良いでしょう。クリニックでは、まず硬い部分をメスやニッパーなどを用いて削ります。うおのめの場合は、芯をできるだけ取り除くことが重要です。削った後は、角質層を軟らかくする作用があるサリチル酸ワセリンを外用しておくと、再発をおさえることができます。

糖尿病をお持ちの患者さまは、たとえ痛みがなくても、放っておくと感染を起こしたり、皮膚潰瘍や壊疽の原因になったりする場合があります。足を守るために、毎日のフットケア(足のお手入れ)と定期的な通院が大切です。

日常生活での注意点

靴が合っていないと再発の原因になるため、足に合った靴を選ぶことが大切です。きつい靴はもちろんのこと、ゆるすぎる靴もたこ・うおのめの原因になります。足に合った靴がなかなか見つからない場合は、シューフィッター(靴の専門家)がいる靴屋さんに相談してみるのがおすすめです。また、関節が変形しているような患者さまには、薬局で販売されているドーナツ型のうおのめパッドが有効な場合もあります。

痛い病気, 皮膚科の病気

Posted by taisukekamiyama