酒さとは 酒さ(しゅさ)は鼻や頬(ほお)が赤くなり、ひどくなるとプツプツとした発疹がみられ ...

ニキビとは ニキビは、ホルモンやストレスなどの影響により毛穴で炎症が起こる病気(1)で、医 ...

AGA(男性型脱毛症) AGAは「Androgenetic Alopecia」の略で、「男 ...

多汗症 多汗症(たかんしょう)は、暑いわけでも運動をしたわけでもないのに大量の汗をかいてし ...

アトピー性皮膚炎とは 私自身幼少時からアトピー性皮膚炎を患っており、二十歳すぎには治療を怠 ...

あせもとは あせもは、汗の量が多くなり、汗の通り道である汗管(かんかん)が詰まることで生じ ...

円形脱毛症とは 円形脱毛症(えんけいだつもうしょう)は脱毛症の中でもっとも多い病気です。脱 ...

ウイルス性イボとは ウイルス性イボは、ウイルスが皮膚に感染して生じる良性腫瘍の一種で、お子 ...

尋常性白斑とは 尋常性白斑(じんじょうせいはくはん)は、皮膚の色が白く抜けてしまう病気の中 ...

おむつ皮膚炎とは おむつ皮膚炎は、おむつが当たっている部分に赤み、プツプツ、皮むけなどを生 ...

かぶれとは かぶれは、なんらかの物質が皮膚に触れたときに、物理的刺激やアレルギー反応によっ ...

しみとは ひと口に「しみ」と言っても、いくつかの種類があります。代表的なものは、加齢に伴う ...

蕁麻疹(じんましん)とは 蕁麻疹は、かゆみを伴った赤い発疹が全身にできる病気です。皮膚に散 ...

とびひとは とびひは、細菌が皮膚表面に感染することで発症する病気です。手で引っかいたりする ...

ひょう疽とは ひょう疽とは、手足の指に細菌が感染して起こる病気です。ひどくなると痛みが強く ...

ほくろとは ほくろは母斑細胞と呼ばれる細胞が増殖した皮膚の良性腫瘍です。悪性化することは極 ...

粉瘤とは 粉瘤(ふんりゅう)は、なんらかの原因により皮膚の中に皮膚と同様の構造の袋ができて ...

やけどとは やけどは熱や化学物質などにより皮膚が傷ついた状態のことで、医学用語では熱傷(ね ...

乳児脂漏性皮膚炎とは 生後3ヵ月ぐらいまでの赤ちゃんはホルモンの影響で生理的に皮脂が分泌さ ...

乾癬とは 乾癬は、赤くカサカサした発疹が全身に出る慢性皮膚疾患です。もともと欧米に多い病気 ...