イオントフォレーシス

イオントフォレーシスとは

イオントフォレーシスは、手足の多汗症に有効な治療法です。通院が必要となりますが、多汗症は保険が適用され、副作用が少ないことがメリットです。

イオントフォレーシスがなぜ多汗症に効果を発揮するのか、はっきりしたことは分かっていません。通電することにより生じる水素イオンが汗の出口に作用することによって汗を出にくくするのではないかと言われています。

効果は、個人差があるものの8割ほどの方に見られます。腋窩(わきの下)の多汗症に対しては均一に電気を流すことが難しいため、有効ではありません。

治療の流れ

  1. 診察させていただき、イオントフォレーシスを行う部位・時間を決めます。
  2. 手のひら・足のうらを水道水が入った容器の中に浸し、6~9mAの直流電流を流します。1回の通電時間は10~20分程度です。
  3. タオルをお渡ししますので、水を拭いていただいて終了です。

ご注意

  • 以下の方はイオントフォレーシスを受けることができません。
  1. ペースメーカーを装着している方
  2. 心臓に障害のある方
  3. 妊婦
  4. 水につける部位に湿疹や傷がある方
  • まれに痒みや水疱、赤みを生じる方がいらっしゃいます。
  • 治療を中断すると症状は徐々に戻ります。

Q&A

Q)通電中は痛いですか?

A)多少ピリピリしますが電流は調節可能ですので、お子様でも受けていただくことができます。通電中に水から手足を出すとビリッと痛みを感じます。動くときには声をおかけください。

Q)どれぐらいで効果が出てきますか?

A)5回ほどで効果が出始め、10回ほど行うと目に見えて汗の量が減ってきます。効果が出た後も、維持するために2~3週間に1回は続けていただくのがおすすめです。

Q)イオントフォレーシスの後、お風呂など制限はありますか?

A)入浴・運動など日常生活に制限はありません。

Q)イオントフォレーシスの治療費はいくらくらいですか?

A)3割負担の場合、再診料を含めて880円です。

料金表