低用量ピル

低用量ピルとは

低用量ピルは、いわゆる経口避妊薬です。以前の薬に比べてホルモン量を抑えてあるため副作用が少なく、生理痛・生理不順の改善やニキビ治療にも用いられます。

生理周期でニキビが悪化する方や、顎やフェイスラインにニキビができやすい方は、ホルモンバランスの乱れがニキビの悪化要因となっていることが多く、とくに効果的です。

ニキビ治療薬としては正式に認可されていませんが、保険治療では限界がある患者さまに自費治療としてご用意しております。

ファボワール28

ご注意

  • 飲み始めに乳房の張りや痛み、吐き気、頭痛、不正出血などが見られることがあります。これらはホルモンバランスが一時的に変化するためと考えられており、2~3ヵ月ほどで徐々に治まります。
  • ごくまれに血栓症を悪化させたり、引き金になることがあります。血栓症は、血液の固まりにより血管が詰まる病気です。下肢の急激な腫れ・痛み、突然の息切れ、胸痛、激しい頭痛、手足の麻痺、急な視力低下などを生じた場合には、ただちに救急病院に受診してください。
  • 長期的に内服すると、乳癌もしくは子宮頸癌を発症するリスクが少し高くなる可能性があります。
  • 以下の方は低用量ピルの内服はできません。
  1. 35歳以上かつ1日15本以上タバコを吸う方
  2. 高血圧の方
  3. 前兆を伴う片頭痛をお持ちの方
  4. 血栓症の既往がある方
  5. 妊娠中または授乳中の方
  6. 乳癌、子宮頚癌、子宮体癌の疑いがある方
  7. 4週間以内に手術を予定している方、術後2週間以内の方

料金表