おむつ皮膚炎

おむつ皮膚炎とは

おむつ皮膚炎は、おむつが当たっている部分に赤み、プツプツ、皮むけなどを生じた状態を指します。症状が軽ければ清潔を保つだけで改善することも多いものの、悪くなるとなかなか治らず、かゆみや痛みを生じます。おしりを拭くときに赤ちゃんが泣くようであれば、皮膚科への受診をおすすめします。

原因

  • 尿・便
    尿や便には皮膚を刺激する成分が含まれています。接触している時間が長くなると、皮膚炎を起こしてしまいます。下痢の時はさらに刺激性が高くなります。
  • 汗・ムレ
    おしりも汗をかくため、尿や便をしなくてもムレることがあります。ムレることで皮膚のバリア機能が弱い状態になり、さまざまな刺激を受けやすくなってしまいます。
  • 真菌(カビ)
    ムレたおむつの中は真菌が繁殖するには最適な環境となります。皮膚炎がなかなか治らない場合は、真菌感染を起こしている可能性があります。カンジダ菌が感染している場合は「乳児寄生菌性紅斑」という病名になり、厳密にはおむつ皮膚炎とは違う病気ということになります。

検査

真菌の感染が疑われる場合には、検査を行う時は、まず患部の皮を少し剥いて取ります。取った皮を水酸化カリウム溶液につけて溶かし、顕微鏡で観察します。

治療

  • アズノール軟膏
    植物に由来する非ステロイド系の軟膏です。皮膚を保護し、炎症をやわらげる効果があります。ステロイドのような強い効果はありませんが、ごくまれにかぶれを起こすほかには副作用もないため、赤ちゃんに適した外用薬の一つです。
  • 亜鉛華軟膏
    ジュクジュクとした湿疹を乾かし、皮膚を保護する作用がある外用薬です。保護する作用が強いぶん、普通に石鹸で洗っても落ちにくいのが欠点ですが、オリーブ油を染み込ませた布でいったん拭き取った後に石鹸で洗っていただくと綺麗に落とすことができます。
  • ステロイド外用薬
    ステロイドは副腎皮質ホルモンとも呼ばれ、炎症をおさえる作用があります。ステロイド外用薬にはさまざまな強さのものがありますが、赤ちゃんは皮膚が薄いため弱めのものでも十分効果が見られます。同じ部位に長期間塗り続けると、皮膚が薄くなったり毛細血管が拡張したりする副作用を生じることがあります。当院では不必要なステロイド外用薬は使いませんが、メリットがデメリットを上回ると判断した場合は患者さまにご説明した上で、処方しております。
  • 抗真菌外用薬
    顕微鏡検査で真菌感染が確認された場合は、真菌に対して有効な外用薬を処方いたします。周囲の正常な皮膚にも真菌が広がっていることがあるため、発疹が出ている部分よりも少し広めに外用して頂くことが大切です。

日常生活での注意点

おしりを清潔に保つことが重要なので、おむつはこまめに交換してください。布おむつではなく、吸水性のよい紙おむつを使い、風通しの良い素材を使用したものを選ぶようにすると良いでしょう。

おしりを綺麗にしようとするあまり、触ったり拭きすぎたりすると逆に刺激になることがあるため注意が必要です。ムレを防止するために、しっかり乾燥させてからおむつ交換するのもポイントです。