ひょう疽

ひょう疽とは

ひょう疽とは、手足の指に細菌が感染して起こる病気です。ひどくなると痛みが強くなり、切開が必要になることもあるため、早めの受診をおすすめしています。

症状

手足の爪のまわりが赤く腫れ、ズキズキと痛みます。ひどくなると膿がたまったり、関節に炎症がおよんだりすることがあります。

原因

爪の周囲に小さい傷があったり、指がいつも湿った状態になっていたりすると、細菌が感染します。指しゃぶりをする乳幼児や、水仕事の機会が多い女性や料理人の方に多く見られます。原因菌は黄色ブドウ球菌か化膿レンサ球菌であることがほとんどです。

検査

細菌の培養検査を行い、細菌の種類と、有効な抗菌薬を確認します。カビやヘルペスウイルスでも似たような症状を起こすことがあるため、それらの感染が疑わる場合にはカビやウイルスの検査も行うことがあります。

治療

細菌感染が起きているため、まず抗菌薬を投与します。一般的には内服で十分ですが、指を超えて炎症が拡大した場合には点滴が必要になることもあります。また、膿がたまった場合には針を刺したり切開したりする必要があります。

患部を安静にすることも大切で、動かしていると抗菌薬を投与していても悪くなることがあります。患部を心臓より下にしていると腫れが強くなるため、足に生じた場合には、ベッドに横になり足を枕などの上に置いておくのが理想的です。

日常生活での注意点

爪がまわりの皮膚にくい込む陥入爪(かんにゅうそう)は、ひょう疽の主な原因の一つです。爪の角の部分を切りすぎてしまうことが一番の悪化要因ですので、爪の端が指の外に出るまで伸ばすことが大切です。足の爪は丸く切らず、四角く切るようにしましょう。切ると割れてしまう爪の場合には、やすりで少しずつ削るのがおすすめです。

痛い病気, 皮膚科の病気

Posted by taisukekamiyama