単純ヘルペス

単純ヘルペスとは

単純ヘルペス(単純疱疹)は、単純ヘルペスウイルスによる感染症で、症状が唇に出た場合には口唇ヘルペスとも呼ばれます。放っておいても1~2週間ほどで治りますが、痛みなどの症状が強い方や1日でも早く治したい方は、皮膚科への受診がおすすめです。

症状

まず皮膚の一部が赤くなり、しばらくするとその上に小さな水ぶくれがいくつかできます。多くの方は、軽いかゆみやチクチクとした痛みを感じます。やがて水ぶくれがかさぶたとなり、1~2週間ほどで治ります。体のどこにでも生じますが、目や唇、陰部といった粘膜の近くにみられることが多く、患者さまによっては口の中に症状が出る場合もあります。

原因

単純ヘルペスウイルスの感染が原因です。単純ヘルペスウイルスには1型と2型がありますが、口唇ヘルペスは1型のことがほとんどです。とても身近なウイルスであるため、20~30代では約半数の方が感染しており、60代以上ではほとんどの方が感染していると言われています。

風邪をひいたとき、疲労や強いストレスがあったとき、日光を浴びたとき、などの免疫力が弱くなっているときに、体内にひそんでいたウイルスが増殖して症状が出現します。体内にひそんでいるウイルスを完全に退治することはできないため、症状が出たときに治療することになります。

検査

診察だけで診断がつくことがほとんどですので、基本的に検査は必要ありません。とびひ帯状疱疹などの病気とまぎらわしいときにウイルスの検査を行うことがあります。

治療

今の医学では、体内にひそんでいるヘルペスウイルスを退治することはできませんが、ウイルスの増殖をおさえたり、症状をやわらげたりすることはできます。治療を始めるのが早いほど、症状は軽く済み、治りも早くなります。

  • 内服薬
    ウイルスの増殖をおさえる内服薬にはいくつか種類がありますが、よく用いられるのは「バルトレックス」と「ファムビル」です。どちらの薬も5日間内服していただくと、症状はほぼ軽快します。まれに、痛みがつらい方には、鎮痛剤を処方することもあります。
  • 外用薬
    外用薬にもウイルスの増殖をおさえる作用を持つものがあります。内服薬に比べて、効果が出るまでに時間がかかることがありますが、副作用がほとんどないのが利点です。

日常生活での注意点

水ぶくれができていると二次的に細菌感染が起こる場合があるため、皮膚表面を清潔にしておくことが大切です。少ししみるかもしれませんが、よく泡立てた石鹸で1日1回は洗いましょう。

症状が出ている時期はウイルスの量が多く、人にうつしてしまうことがあります。日常生活は構いませんが、キスなどの直接的な接触には注意が必要です。

痛い病気, 皮膚科の病気

Posted by taisukekamiyama