乳児脂漏性皮膚炎

乳児脂漏性皮膚炎とは

生後3ヵ月ぐらいまでの赤ちゃんはホルモンの影響で生理的に皮脂が分泌されやすい状態にあります。この皮脂により生じる皮膚トラブルが、脂漏性皮膚炎です。

正しいスキンケアをしてあげるだけで自然に軽快することが多いのであまり心配はいりませんが、なかなか治らないときや症状が悪化したときには皮膚科へ受診していただくのが安心です。

症状

頭・おでこ・眉毛・鼻のまわり・わきの下・股など皮脂の分泌が多い部分が、赤くなったり、カサカサしたり、厚いかさぶたが付いたりします。症状が悪化するとかゆみを生じます。

検査

診察だけで診断がつくことがほとんどですので、基本的に検査は必要ありません。まれに、真菌感染との区別が難しい場合には顕微鏡検査を行います。

治療

  • アズノール軟膏
    植物に由来する非ステロイド系の軟膏です。皮膚を保護し、炎症をやわらげる効果があります。ステロイドのような強い効果はありませんが、ごくまれにかぶれを起こすほかには副作用もないため、赤ちゃんに適した外用薬の一つです。
  • ニゾラールクリーム
    大人の脂漏性皮膚炎と同様、赤ちゃんでも癜風菌(でんぷうきん)という真菌(カビ)の一種が増えて、症状を悪化させている場合があります。癜風菌に対して有効な抗真菌薬であるニゾラールクリームはほとんど副作用がないため、症状に合わせて使用してみると良い外用薬です。
  • ステロイド外用薬
    ステロイドは副腎皮質ホルモンとも呼ばれ、炎症をおさえる作用があります。ステロイド外用薬にはさまざまな強さのものがありますが、赤ちゃんは皮膚が薄いため弱めのものでも十分効果が見られます。同じ部位に長期間塗り続けると、皮膚が薄くなったり毛細血管が拡張したりする副作用を生じることがあります。当院では不必要なステロイド外用薬は使いませんが、メリットがデメリットを上回ると判断した場合は患者さまにご説明した上で、処方しております。

日常生活での注意点

頭や顔は毎日シャンプーや石けんできちんと洗ってあげることが大切です。赤ちゃんの皮膚は薄くデリケートなので、シャンプーや石鹸をよく泡立て、優しく綺麗に洗ってあげてください。ゴシゴシと洗うのは禁物です。

かさぶたが強くくっついている場合には、入浴前にワセリンやオリーブオイルでふやかしてから洗ってあげると効果的です。また石鹸の洗い残しはかぶれの原因になるため、すすぎはしっかりとすることも大切です。