ナローバンドUVB

ナローバンドUVBとは

ナローバンドUVBは、308nmの紫外線を発生する光線治療器です。

安全性が高く、アトピー性皮膚炎乾癬掌蹠膿疱症尋常性白斑円形脱毛症などの難治性疾患に有効です。エキシマライトと比較し、広範囲に均一な照射を行えることがメリットです。

当クリニックのナローバンドUVBは、Daavlin社製の三面鏡型紫外線治療器です。立位のまま半身ずつ照射を行うことで短時間で全身の治療を行うことができます。

ナローバンドUVB

治療の流れ

  1. 診察させていただき、照射部位・時間を決定します。
  2. 数十秒~数分、照射します。
  3. 照射後に特別な処置は必要ありません。

Q&A

Q)痛みはありませんか?

A)痛みは全くありません。照射中は少し温かい感じがします。

Q)副作用はありませんか?

A)照射部位に日焼けと同様の紅斑・水疱・色素沈着が見られる場合があります。そのような反応を防ぐため、最初は照射時間を短く設定し、徐々に延長していきます。

Q)全身に照射することはできますか?

A)照射を2回行うことで全身をカバーすることができます。

Q)ナローバンドUVBの値段はいくらくらいですか?

A)アトピー性皮膚炎、乾癬、掌蹠膿疱症、尋常性白斑、円形脱毛症、類乾癬、菌状息肉症、悪性リンパ腫、慢性苔癬状粃糠疹の方は保険が適用されます。

  • 保険が3割負担の患者さま 1,020円
  • 保険が1割負担の患者さま 340円

当院で受けられる治療

Posted by taisuke kamiyama