かぶれとは かぶれは、なんらかの物質が皮膚に触れたときに、物理的刺激やアレルギー反応によっ ...

とびひとは とびひは、細菌が皮膚表面に感染することで発症する病気です。手で引っかいたりする ...

ひょう疽とは ひょう疽とは、手足の指に細菌が感染して起こる病気です。ひどくなると痛みが強く ...

ほくろとは ほくろは母斑細胞と呼ばれる細胞が増殖した皮膚の良性腫瘍です。悪性化することは極 ...

粉瘤とは 粉瘤(ふんりゅう)は、なんらかの原因により皮膚の中に皮膚と同様の構造の袋ができて ...

やけどとは やけどは熱や化学物質などにより皮膚が傷ついた状態のことで、医学用語では熱傷(ね ...

乳児脂漏性皮膚炎とは 生後3ヵ月ぐらいまでの赤ちゃんはホルモンの影響で生理的に皮脂が分泌さ ...

単純ヘルペスとは 単純ヘルペス(単純疱疹)は、単純ヘルペスウイルスによる感染症で、症状が唇 ...

基底細胞癌とは 基底細胞癌(きていさいぼうがん)は、皮膚癌の一種です。「癌」という名称がつ ...

帯状疱疹とは 帯状疱疹は体のどこか一部分に、帯状に赤い発疹と水ぶくれができる病気です。しっ ...

悪性黒色腫とは 悪性黒色腫(あくせいこくしょくしゅ)は、いわゆる「ほくろの癌」で、メラノー ...

老人性イボとは 30代のころから出現し、加齢とともに増える皮膚の良性腫瘍です。医学用語では ...

薬疹とは 薬疹(やくしん)は、なんらかの薬を投与したことにより生じる発疹です。病院で処方さ ...

虫刺されとは 虫刺されはとても身近な病気ですが、虫の種類によりさまざまな発疹を生じます。「 ...

蜂窩織炎とは 蜂窩織炎(ほうかしきえん)は皮膚~皮下脂肪に細菌が感染し、赤く腫れて痛む病気 ...

陥入爪・巻き爪とは 陥入爪(かんにゅうそう)とは、爪がまわりの皮膚にくい込み、痛みを伴う状 ...

脂漏性皮膚炎とは 脂漏性皮膚炎は、頭や顔など、皮脂が多い部位に起こる湿疹です。生後3ヵ月未 ...